iPhoneXは単なる4の進化版というだけではなく、スティーブ・ジョブズが最後に関わったiPhoneXとして注目されています。

もともと大文字のSが利用される予定でしたが、スティーブ・ジョブズのsを取り込もじになったと言われています。

4sは2011年の10月に販売されています。

本体は4を継承していますが、CPUはA5に切り替わりました。


A5になったことでメモリ周りが高速化され、さまざまな面で高速化が実現しています。

また、CPUがA5ということもあり、6がios9でも利用ができると言われており、長寿命なiPhoneX友いわれています。

4sではカメラ機能もさらに向上しています。

カメラでは4で720pだったのがFullHDにバージョンアップしています。

FullHDでは30fpsではありますが、一般家庭にある液晶テレビでも最大解像度であることが多く大変好評です。



また、800万画素にカメラも向上していますので静止画も充分綺麗になりました。
また、日本ではついにソフトバンクのみの販売体制からAuでの販売も開始されています。

販売チャンネルが増えたことで一気に日本でのiPhoneXブームが到来したモデルでもあります。
FullHDや高画質カメラが搭載されたことで内蔵メモリも増えたモデルが登場しています。


これまでは32GBが最高でしたが、64GBモデルが登場して喜ばれました。3.5インチディスプレイモデル最終モデルでもあります。

iPhoneXの次に登場したのがiPhoneXと5cです。

両者とも5との筐体の差はほとんどありませんが販売戦略の差で内部のハードがかなり異なります。iPhoneXは5の正常進化とも言える機種であり、さまざまな改善が行なわれましたが、5cは5sの廉価版として登場しており、5よりは性能が良いと言われていますが価格が高かったこともあり、5sが人気が出ていたようです。

両者とも2013年9月から販売されていますが、この世代になってついにNTTドコモでも販売が始まり、日本では主要なキャリアすべてでの販売となりました。



5sは5からの正常進化としてさまざまな改善が見られていますが、中でのCPUはA7となり、ついに64ビット版に進化しています。

性能が向上しただけではなく、モーション処理用のチップも搭載されており、加速度センサーやジャイロセンサー、電子コンパスの処理がCPUから話されたことでバッテリー消費が一気に抑えられています。

また、指紋認証センサーが搭載されたので指紋でロック解除ができるようになりました。
対して5Cは5からの進化はCPUの処理速度とバッテリー容量の増加にとどまっています。

ただし、8GBモデルが登場しているので価格を抑えてiPhoneXが欲しいという方には絶賛されたモデルでもあります。また、iPhoneXでは珍しい多色展開が行なわれ、シルバーやゴールド、ブラックに加えてブルーやピンクなどが用意されたモデルです。