iPhoneXはアメリカでiPhoneXが販売されてから今まで長く人気を保っているスマートフォンです。

iPhoneXは2007年に発表されて6月に販売が開始されました。

初代は現在のiPhoneXとはかなり異なることが多いです。

一番の違いはAppstoreが無いことです。



もともとiPhoneX用のアプリはSDKが部分的にしか公開されておらず、現在のような自由なアプリ開発はできない状況でした。

その後SDKが公開されるのですが、実際にアプリが公開できるようになったのは3Gのあたりです。

また、初代にはGPSがなく、位置を使ったアプリはありませんでした。

その後、2008年7月に3Gが販売されます。


3Gは国際的に販売されており、日本でもソフトバンクから販売が始まっています。
この頃は1カ国1キャリアということもあり、Auやドコモで販売されるのはまだまだ先の話です。3Gはその後3GSと進化しますが、3GではGPSの他にAppstoreが開放されています。


AppstoreではアップルのSDKを利用したアプリが一斉に公開されており、GPSを使った位置アプリも多数販売されています。


バッテリーのサイズは初代に比べて少なくなりましたが、iosが2.0になったことで電池の持ちも良くなってきています。

3Gはその後、ios4.2.1まで利用されています。

比較的長く使った方が多い機種であり、初めてiosに触れたという方が多い機種ですiPhoneXは代を重ねるごとにディスプレイを進化させてきています。
初代iPhoneXは320x480という解像度でしたが、4以降はレティナディスプレイを採用してきたこともあり解像度と実際の表示画像ピクセルが一致しなくなっています。

レティナディスプレイでは解像度と表示される領域のピクセル数が一致しません。

4では320x480ではありますが、ピクセル数は640x960であり、2倍のピクセル表示が可能となっています。


これは3G比べて2倍の情報量があることであり、精細な画像表示が可能となっています。

レティナは6Plusでは3倍にまで増えており、今後も精細化が進むものと考えられています。

iPhoneXは世代ごとに表示領域が上がっていきますが、古い機種用のアプリでも問題なく稼働させる仕組みが整っており、開発者側で特段用意しなくてもよくなってきています。

5からさらに解像度が上がっていますが、幅を変えず、縦長にしたことでアプリは上下を黒塗りにすることで対応がされています。



これはiPhoneX側で自動で行なうので手間がありません。



iPhoneXではこれまでの3対2という画面サイズを16対9に変更しています。
そのため、ネイティブな解像度ではアプリの挙動がおかしくなることもあり、3:2の画面比である5と互換の画面解像度を用意しています。互換モードは縦長な3対2の解像度であり、古いアプリの稼働でも問題ないように作られています。