iPhoneXは2010年6月に販売されています。
日本ではソフトバンクから販売されています。
iPhoneXの特徴としてはレティナディスプレイが初めて採用された点が特筆すべき点です。
レティナディスプレイはそれまでの液晶よりも2倍以上もきれいな高精細ディスプレイであり、320x480という解像度の3Gや3GSと比べてもはっきり分かるほどの精細なディスプレイが採用されています。

また、CPUがこの世代からアップル製に切り替わっています。



A4と呼ばれるCPUはARM系のCPUではありますが、iPhoneXとIpad用にAppleが設計したCPUです。


これ以降はすべてAppleが設計したCPUとなっていきます。また、4からはiosも新バージョンとなり、ios4となっています。

ios4ではマルチタスクに対応しており、それまでのシングルタスクではできなかったバックグラウンドでの活動が可能となり、アプリの動作に幅が生まれています。

また、3軸ジャイロスコープも採用されています。


3軸ジャイロスコープが採用されたことでiPhoneX本体の動きが把握できるようになり、アプリも3軸ジャイロを採用した新しいタイプのアプリが多数登場しています。


また、この世代からHD録画が可能となっています。


カメラ機能は世代ごとに向上していますが、HD720pで30fpsが出せたことでiPhoneXのカメラで動画を扱うことが増えたと言われていますiPhoneXは2009年に販売されています。

初代から数えて3世代目です。

日本では3Gに引き続きソフトバンクのみで販売されました。

3GSの特徴はなんといっても処理能力が向上したことです。



3Gに比べて倍以上早くなったという評価が多く、また、バッテリーサイズが大きくなり、CPUの処理がうまくなったことでバッテリーの寿命は処理速度が早くなったにも関わらず3Gよりも長持ちすることが多かったようです。処理速度が上がったことでアプリも高機能な物が増えています。


iPhoneXはこの他、カメラ機能も向上しています。

カメラはこれまで静止画のみだったのですが、iPhoneXからは動画の撮影にも対応しています。

また、本体のコントロールを音声で行なう機能もこの機種から対応しています。

スマートフォンでは標準機能であることがようやく整いつつある世代といえます。

3Gや3GSの販売されている時代では日本ではまだまだガラケーが人気であり、スマートフォンはまだまだシェアが少ないのですが、iPhoneXの登場で一気にスマートフォンが注目されてきています。



iPhoneXではハードウエア的にコンパス機能も追加されています。

デジタルコンパスはGPSだけでは難しい位置アプリを機能向上させることができますし、本体の向きを知るためには必須とも言える機能です。


3GSは機能の向上を行ってスマートフォンとしての基本性能を作ったとも言えます。