失敗しない会社設立とは
2018年10月21日

電子定款のメリットと注意点

会社設立を行う際に定款を電子定款で提出することが非常に話題となっています。

近年では様々な書類をパソコンの文書作成ソフトですることが増えており、紙で提出する場合にはこれを印刷して収入印紙を貼付し提出することが増えているため、印刷をせずにそのまま電子的に提出することができる電子定款は時間の短縮をすることができるばかりでなく、近年話題となっている地球環境の保護や資源の有効利用の観点からも非常に有効な方法となっているためです。しかしこれに加えて電子定款には大きなメリットがあります。

定款にはその内容に金額が記載されていることが多く、一般的には企業とこれに出資を行う出資者や、企業で働く従業員との間に必要な事項が記載されていることから契約書とみなされ印紙税が発生することになっています。このため収入印紙を印刷された定款に貼り付け提出しなければならない決まりとなっていますが、定款を電子的に提出する場合にはこの印紙税が免除されることになっているのです。

そのため電子定款を利用して定款を提出した場合にはその内部に記載されている金額にもよりますが大幅な会社設立資金の節約となり、また印刷の手間やこれにかかる費用を削減することができるメリットもあることから非常に効率的な定款の作成と提出ができるとして注目されているのです。加えて電子定款を利用することで投資家や従業員にとっても環境保全に関心を持つ企業であることをアピールでき、社会的な貢献度を強めることが可能となります。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *