失敗しない会社設立とは
2018年10月9日

電子定款を使うと得をするのは本当か

電子定款は4万円の印紙代がかからないので節約につながりますが、必要な物をそろえるのにそれくらいかかるので、持っていない人が購入するのは決してお得ではありません。

ただ、そこで購入した物を別のことにも使えるので、それを考慮すればお得ではあります。よく、会社設立代行業者が自分でやるよりも安くできると宣伝していますが、それは電子定款を活用しています。もちろん前述のように必要な物を購入するのにお金がかかるのであって、すでに持っている人なら4万円お得になるわけですから、その場合は代行業者を利用する方が高くなります。

代行業者の中には無料や数千円でサービスを提供していることがありますが、それは抱き合わせで安くなることも多いので注意が必要です。例えば多いのが、会計ソフトを提供している会社がやっている代行業者のサービスです。また、税理士の中には顧問契約をすることを条件に安くしていることもあります。それらを利用することを前提とするのならお得ではありますが、それぞれは別に考えて選びたいなら、無理して利用する実益はありません。

電子定款だけを作ってもらって、後に必要な登記申請などを自分でやるのでも十分手間は省くことができますし、それだけなら行政書士などが安く提供しているサービスを活用すれば1万円以下でもやってもらえます。どのような方法で電子定款を活用するのか、それとも神の手移管を作成するのかということは、それぞれの事情に合わせて選択する必要があります。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *