失敗しない会社設立とは
2018年9月18日

電子定款では用意をしないといけないものがあります

電子定款での申請には必要なものが複数あるため、すべてを個人でそろえるのは相応に大変です。

したがって会社設立などで定款の作成を行わないといけない場合には、行政書士などのように専門で対応が出来る士業に依頼を行うことが望ましくなります。行政書士は役所への提出書類の代行作成及び代理申請を行いますから、彼らの中で会社設立などにおける電子定款に詳しい人を探せばいいわけです。

カードリーダーなどは購入するなどして準備する必要がありますが、行政書士などに依頼をすれば依頼をする側は用意をする必要はありません。代行申請を行う行政書士が持っていること及び電子定款申請の対応が可能であることを確認して、その上で依頼を行えば問題ないわけです。通常の紙ベースでの申請については、印紙税が課税されます。4万円分の印紙を購入しその貼付を行わなければいけないわけです。

それが電子定款の場合は省略すなわち節税が出来ますので、慣れているところであると便利かつ納税を市内で住みますのでお得です。行政書士への依頼では電子での申請が可能かどうかだけではなく、そもそも定款の代行作成の経験を有するところかどうかも確認が必要です。彼らが対応出来る役所への書類については約8千種類もあるといわれ、当然ですがすべての業務に対応が出来るかどうかはともかく、経験をすべて積んでいるとは限りません。可能な限り経験を豊富に有するところに任せた方が安全です。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *