失敗しない会社設立とは
2018年8月31日

電子定款は紙よりお得になる

電子定款も作成後は紙の定款と同じく公証役場で認証を受けます。

ただし、電子定款は印紙税法上の課税文書にあたらないため印紙代がいりません。紙の場合は4万円かかりますがそれがかからないため、コストを抑えることが可能です。PDFを作成するためのソフトやカードリーダーを購入するのにお金がかかり、結局4万円くらいになります。そのため、持っていない人が利用してもあまり金銭的な差はありませんが、それでもPDF作成ソフトなどはビジネスでも利用するのに便利ですから、長い目で見るとお得かもしれません。

電子定款を使っている代行業者を活用すると、自分でソフトを持っていない人でも安く会社設立ができます。代行業者の手数料が4万円未満になっていれば、差額分が浮くことになるからです。よく、会計ソフトを提供している会社が無料で代行をしていることがあります。これは、そのサービスを利用することを条件に無料でやってくれますので、そちらを使うのならこういった業者を活用するのも悪くありません。

もちろん定款の作成や認証は法律文書なので、士業の方が行う必要があります。こういった業者はきちんと内外にいる士業と連携しているので問題はありません。登記申請に関しては、司法書士と弁護士が行う権限を持っています。代行業者がこちらもやってくれるケースの場合は、提携するか中に資格を持った人材を確保しています。ただし、中には資格を持っていない行政書士が発起人名義で申請をするケースがあります。これは違法ですので注意しましょう。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *