失敗しない会社設立とは
2018年8月31日

電子定款での会社設立をおすすめします

会社を設立しようとするといろいろな手続きが必要になります。

設立にあたっては会社を作ろうとする目的や規則などをまとめておく必要があるのです。そのまとめた内容を定款という書類にします。記載するのは法人の目的・内部組織・活動に関する根本的な規則などを記載した書面のことを定款というのです。この定款をPDF変換書面にして定款として使用します。定款には、法律的な修正が必要な場合がありますので事前に文書を公証役場で確認してもらって電子定款の認証をしてもらうことになるのです。

作成された電子定款を法務省のオンラインシステムを利用して公証役場の認証受けることになります。公証人による定款認証他の費用払うことになるのです。公証役場では、電子定款のPDFファイルと認証文が保存されることになります。電子定款にするメリットは、紙面によって定款認証を受けるケースと比べて定款認証の印紙代4万円がお得になるということになります。

なぜなら印紙税法では、紙面による定款書類は課税文書になりますが、電子定款は電子データであり文書にあたらないので課税されないからです。時代の流れに合わせた文書管理のやりやすさが浸透して最近の会社設立のほとんどが電子認証で実施されているのが実情になります。なお公証人の認証手続きは、作成した文書にあやまりがあった場合に、法務局への申請を補正ないしは出し直しとなることがあり申請料のダブル納付になる可能性がありますから注意が必要です。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *